» 2017 » 6月のブログ記事

一人暮らし 引越し 学生 料金っていくらぐらい必要?

割れ物を梱包するのはちょっとめんどうですね・・・。割れ物だけにちょっとしたことで欠けたりヒビが入ることがあります。何事もなく新居まで持って行ければいいけれど、もし絶対に壊れてはいけないものなら自分で新居まで持っていく方が安心でしょう。

引っ越し業者は荷物運びに慣れているけれどプロとは言えません。それが仕事でやっているわけなので引っ越し業者を荷物運びのプロ集団と勘違いしないように、壊されて困るものは家族で運びましょうね。

車のトランクに積んで運んでもいいけれど急ブレーキなどで万が一のことがあるので、自分が運転するならひとり荷物を持つ人をお願いして新居まで行くといいですよ。助手席でも後部座席でも段ボール箱をしっかり抱えてくれる人を探すのです。

その方が本当に大事な壊れ物を守ることができます。引っ越し業者は荷物の破損に対する保障がありますが全額返ってくるわけではないですし条件もありますからね・・・。引っ越しが済んですぐに業者とあれこれ言い合うのも気分が悪くなりますから大事なものは家族で協力して運ぶといいでしょう。

普段使いの食器類は量があるのでしっかり新聞紙やチラシで包んで段ボール箱に立てた状態で詰めます。

最近はどこでもゴミ出しは有料袋を使っているのでしょうか。私が住む地域ではゴミ袋は有料です。スーパーマーケットのビニール袋でゴミが出せたのは昔の話。ここ数年は有料ゴミ袋を使わないとゴミを回収してもらえなくなりました。時代の変化だから仕方がないけれどゴミを捨てるだけなのに・・・とは思います。

さて、引っ越しにはゴミがつきもの。それもかなり大量のゴミが出ますよね。燃えるゴミ燃えないゴミ、それから粗大ゴミも出るでしょう。普段の生活では考えられない量のゴミが出ることを想定して、早めに有料ゴミ袋を用意しましょうね。

有料ゴミ袋は100円ショップでもコンビニでも売っているけれどわざわざ買いに出かけるのはめんどうなもの。引っ越しの準備を進めているといちいちゴミ袋だけ買いに車を走らせるのが面倒くさく感じます。なので有料ゴミ袋は事前に多めに購入しておきましょう。多めに購入したからといってムダになるわけではありませんからね。

引っ越しで余ったゴミ袋もいずれ使うのだから多めに用意しておきましょう。そして容量が違うゴミ袋を選ぶことも忘れずに。10リットルから20リットル30リットル45リットルと大きさが違うゴミ袋を用意しておくと便利ですよ。