» 引越しのブログ記事

引っ越しに必要なものはまず引っ越し先の新居を用意する事ですが、それが決まったら後は引っ越し業者を手配したり荷造りをしたり、不要なものを処分したり、色々な手続きを終えたりなどやる事は山のようにあります。
だからこそ、慌ててやらずにすむようにできるだけ早めに準備を始めるといいと思います。

物が少ない人は荷造りも楽でいいのですが、家中物で溢れているような人は時間がいくらあっても足りないほど大変なものになってしまいます。その上大量の荷物を運ぶにはかなり高額な引越し料金が必要となりますから、できるだけ量を減らすように心がけるといいでしょう。

捨てるのはもったいない、という場合は売ったり友達にあげたりすればいいだけです。今の時代は1年中ネットフリマが使えるのでどこかフリマをやっているところに出かけて時間をかけて売る必要もないので本当に便利です。商品画像をアップしてあとは買い手を待つだけなので手間もいりません。または買取業者に連絡して宅配で送るのも楽でオススメです。

また、荷造りで絶対必要になるものといえばダンボールです。私は普段からダンボールを溜め込んでいたので引っ越しの時に必要なだけすぐに用意する事ができましたが、持っていない方は業者に頼めばもらえたりするので利用するといいでしょう。

引越し 足立区内 料金 相場について

新居が決まったらまずやるべき事といえばどうやって引っ越しをするのか、を決めることです。
必ずしも業者を使う必要はなく、家族や友人、親戚などに頼んで引っ越しをする事もできますが、引っ越しのプロにやってもらう場合と比べるとやはり色々な心配がでてきます。運んでいる途中で落としてしまうかもしれませんし、その場合の保険もありません。また新居が新築だったのに引っ越しで傷がついてしまってやはり業者に頼んでおけばよかった、という事になりかねません。

また、パソコンなどの電化製品、精密機械などが引っ越しで壊れる事が多いのも家族や友人だけで引っ越す時なので、大事な物を運ぶ事が多いならば念のため業者にお願いする方がいいかもしれません。高価なものが壊れても保険も利かない事を考えると結局業者による引っ越しのほうが安くすんだ、という事も少なくないのです。

実際私もお金をできるだけ節約したくて親戚に頼んで引っ越しをしたんですが、高価なパソコンが壊れたりなど色々あったので本当にショックが大きかったのです。そういう事があったので次の引っ越しからは絶対に業者に頼もう、と決意しましたし、実際業者の引っ越しも経験しましたがかなり満足のいくものでした。

実家へ帰るならともかく、引っ越しで普通は絶対に分からないのが引っ越し先のご近所さんと上手くやっていけるか否か、ではないかと私は思います。
どこかへ引っ越しするとなると、住む家を決める前にその前にまずその地域の子育て支援だとか税金だとか、周りのスーパー、病院に最寄駅などあれこれ調べますよね。
そして、ここなら落ち着いて生活出来そうだとか家賃が安いからとか選ぶ理由があってそこに決めます。
そして、いざ住んでみたらどうなるかと言えば、下調べをいくらしていても分からないのがご近所さんとの相性なのです。
しかもそこが賃貸なら、引っ越し前には感じの良さそうな人が住んでたのに引っ越した後になって苦手なタイプの人が越してきてしまう事だってあり得ます。
私がそう思うのは、今の住まいに変わる前に住んでいた所で嫌な思いをしたからです。
そこはまだ小さな子を子育てしている世帯がほとんどのアパートだったのに、我が家の隣だけ老夫婦が住んでました。
そして、子供たちの足音などにとてもうるさくてクレームを管理会社にいれまくる人でした。
私はその老夫婦が悩みのタネで、他はとても気に入っていたのに引っ越しする羽目になったんです。
今のマンションを買って引っ越してきましたが、今回は今のところご近所さんで上手くいかないとかトラブルはありません。
けれど、引っ越し先のご近所さんとの相性については運が良い悪いとしか言えませんね。
たまに昔の住まいの前を通ると、お隣さんさえあの人たちでなければ、まだここに住んでいたのかなと考えてしまうのでした。